胡蝶蘭の管理法

お祝いなどの贈り物でも人気のある胡蝶蘭、デリケートな植物なのでお手入れが必要ですが、大切にしてあげると長く咲いてくれます。胡蝶蘭は熱帯の植物なので、寒さがとても苦手な植物なのです。だからこそ、季節ごとの気配りが必要なのです。 ギフトでいただき、ラッピングされた胡蝶蘭は見栄えも良いですが、必ず取り外して下さい。ラッピングをした状態では、鉢内が蒸れて、カビや根腐れなど病気の原因となります。そして、胡蝶蘭はデリケートなので、花びらには触れないようにする注意が必要です。ペットや、風で揺れるカーテンに当たらないような場所に置いて下さい。

胡蝶蘭は直射日光、扇風機やエアコンの風には避けて、寒すぎたり、暑すぎたり、通気性が悪い場所も避けましょう。過ごしやすい温度は、 15℃以上のところです。水は、7~10日に一回程度でやりすぎはよくありません。株の根元にコップ1杯の水が良いでしょう。暖かい時間に 冷たすぎない室温に近い温度の水が良く、湿気がたまらないようにするためにも、受け皿に溜まった水は捨てて下さい。もし、部屋の中が乾燥気味であれば、様子を見ながら場所に合った水やりが必要です。その場合は、水をあげる回数を増やしたり、霧吹きで葉水をしてあげて下さい。

温度管理と水をあげる時に注意をしてあげれば、胡蝶蘭は長く持ちます。その美しさに魅せられて、自分で育てている方も多くなってきました。ポイントを押さえて、胡蝶蘭を美しく育てていきましょう。 当サイトで胡蝶蘭の育て方について解説いたします。

~PICK UP~
就任祝いや開業祝いなどで胡蝶蘭を贈りやすい専門の通販サイトです → → 胡蝶蘭の通販サイト

Copyright © 2014 胡蝶蘭の育て方と知識 All Rights Reserved.